日本語ゆめラボ

講師陣について

日本語教師にとって必要なこと

「日本語教師」って資格があるの?

現在、日本語教育機関等で働く有資格日本語教師は
・420時間の養成講座終了
・大学または大学院での日本語教育を専攻または主専攻
・日本語教育能力検定試験合格
という規定があります。

しかし、これで日本語教師として十分でしょうか?
私は大切なことが見えていない日本語講師の方と
何度も出会ってきました。

日本語教師の仕事は
日本語を道具として教えるだけではありません。

構造として
日本語を理解していることはもちろんですが、

学習者がどの場面で、だれと、
どんな日本語を使うか、

どんな関係を周りの人と作っていくか、

将来の学習者の姿をイメージして
目の前の外国人に何が必要だと考えるか、

そこまで考えられる日本語教師は
実はあまりいません…。


私たちは
「日本語講師の資格+αの専門性」を持った

プロの日本語教師集団です。
多様なニーズに応えられる日本語講師が
揃っております。

外国人の日本語教育に迷ったら、
ぜひ一度ご連絡ください。

データ:日本語教師基準と規定
日本語教師基準と規定・日本語教員資格ガイドライン : JEGS (jegsi.com)

CONTACT

PAGE TOP