日本人向けやさしい日本語講習

HOME   »  日本語コース紹介   »  日本人向けやさしい日本語講習

日本語だけで伝わります

日本語が分かる外国人はごく一部、、、
そう考えていらっしゃる日本人の方は多いと思います。

しかし、
文化庁が行った外国人の日本語調査によりますと、
〇地域や家で日本語を使っている外国人 → 8割
〇日本語の使用頻度 → ほとんど毎日使う人が半数強
〇日本語ができなくて困った場面
          →病院、近所、職場、役所など

外国人は日ごろ日本語を使用していますが、
重要な場面ほど、日本語で不自由していることが見えてきます。

「やさしい日本語」とは、
相手に合わせて日本語の表現を変えることで
より外国人や高齢者、子どもへ
伝わりやすい日本語のことです。

外国人対応に苦慮されているならば、
まずは日本人の日本語の使い方から見直してみてはいかがでしょうか。
実は、日本語教師は日本語だけで日本語を教えています。
日本語だけで外国人とコミュニケーションをすることは可能です。
実践練習を多く取り入れ、より場面に合わせた内容を提供致します。

受講者の方の職種、人数、回数、開催地にあわせて
「やさしい日本語講座」をカスタマイズ致します。
詳しくはお問い合わせください。

データ:文化庁「日本語に対する在住外国人の意識に対する実態調査」(平成13年)
日本語に対する在住外国人の意識に関する実態調査 | 文化庁 (bunka.go.jp)

お問い合わせ